Manfrotto 410雲台をHejnar製プレートでアルカスイス化してみた

写真機材のお話です。

私はここ数年Manfrotto(マンフロット)社のギア式雲台410を使用しています。
このギア式雲台は、構図の微妙な調整がノブを回すことで簡単に行えるため、景色撮影での水平出し、パノラマ撮影、等に最適なシステムだと思っています。
ところが、この雲台に付属する 410PL という名前のクイックシューはお世辞にもいいものとは言えず、思い機材を載せると滑ったり、ずれたりすることがありました。
また、上方向を向かせる際にレバーが三脚に干渉するため、クイックシューを本来とは反対方向にカメラにセットする必要がありました。






ここのところ色々機材を購入している中で、いわゆるアルカスイス規格というクランプ方式への移行を行なっておりまして、今回、この410もアルカスイス化することにしました。

これは既にネット上でいっぱい出ている情報ですが、備忘録がわり、そして今週410雲台を購入された写真部の方へのガイドとして私もまとめてみます。

【必要なもの】

  • Manfrotto製ギア式雲台 410
  • Hejnar社製410用専用プレート
  • アルカスイス方式のクランプ
の3点です。

 【購入するには】
410雲台はどこでも手に入りますので、ここではHejnar社のプレートについてです。

Hejnar社はネットで確認する限り、シカゴ近郊にあるカメラ用品メーカーで、自分たちで企画設計したものを直販メインで売っている会社のようです。
入っていた名刺がHejnarさんでしたので、オーナーのラストネームが会社名のようです。
ProMediaGearというこちらもシカゴベースの会社と同じような感じですが、規模は少し小さそうです。

アメリカ国内では、Hejnar直販サイトAmazonebayのHejnarショップで購入が可能ですが、B&HやAdoramaでは2018/3現在取り扱いはありません。
Amazonでは送料がかかり、ebayはFree Shippingですが少し値段が高くなっています。

なので、一番はHejnar社の直販サイトです。
また、Amazonではプレート単体売りが現時点ではないので、クランプとセットで買うしか方法がありません。
自分のお気に入りのクランプを使いたい場合はAmazonは選択肢から外れます。

Hejnar社の直販サイトは$50以上でFree Shippingとなりますので、今回の改造を行う場合は送料がかかりません。

アルカスイスタイプのクランプは好きなものを選べばいいと思いますが、私は憧れのRRS(Really Right Stuff)のレバー式 B2-LR-II をB&Hで購入しました。
$120でした。

 【Hejnar社の二つのプレート】
今回一番悩んだのはHejnar社が長さ違いで二つのプレートを用意していることでした。
一つは Plate for Manfrotto 410 Gear Head $65。
もう一つは Extended Plate for Manfrotto 410 Gear Head $75。

この二つの違いに関して触れている記事やブログがネット上にほとんどなく、決断するのに時間を要しました。
そんな中でも、高い方の Extended Plate はギアのパン方向回転軸の真上にクランプ(つまりカメラ)を持ってくることが可能で、パノラマなんかで役に立つ、というのを見まして、まあ、悪くなることはないだろう、と$10高いこちらを購入しました。

ということで、届いた部品たち。
両方とも大変シンプルな包装です。



究極のニッチ商品です。マンフロットの410をアルカスイス化するためだけのプレート。
世界で今の所この会社しか製品化していません。


レンチ3本と、ネジが5本付属します。
他に必要になる工具はありません。これで全部終わります。

【今のクイックシューシステムを外す】
説明書はついてこないので、YouTubeで公開されている動画を見ながら交換を行いました。
と言っても、ネジを抜いてつけるだけ、の簡単DIYです。

最初にこのネジを緩めます。
そうすると、このレバーが丸ごと外れるので、部品が飛ばないよう慎重に外します。
この真鍮の部品の中にもスプリングが入っているので、外してテープでまとめてみました。

ダブルネジも外して下のような感じになります。

【Hejnarプレートを組み付ける】
プレートを載せます。
専用プレートなので、ぴったりとハマります。
順番はどちらからでもいいので、下の二つのネジを締めます。


完成!
あっという間です。

 【クランプの取り付け】
こちらがRRS(Really Right Stuff)のレバー式クランプ B2-LR-II です。

下の状態がクランプ解放の位置で、この場合、カメラを上に抜くことができます。
下の状態が半クランプの位置で、カメラは上には抜けませんが、横には抜けます。
万一のカメラの落下を防ぐにはこの位置にして取り外しした方がいいかもしれません。
下の状態がクランプがしまっている状態です。
レバーは柔らかくはないですが、適度なトルクがかかってしっかりしたクランプ力を得ることができます。

さて、ここで問題が。
クランプをどちら方向につけるか、です。
Hejnarのプレートはどちらにも取り付けが可能なので、三脚に取り付けて、あーでもない、こーでもない、と試行錯誤しました。



結局この方向につけることにしまして、3本のネジを締めこみます。

はい、完成。
拍子抜けするほど簡単です。

売り文句のようにパン方向の軸の真上にカメラがきます。

雲台とプレートの間にもほとんど隙間はありません。







RRSのプレートが装着されているRX1を載せてみます。
全く問題ないですね。

そして、本来の目的、D810+MB-D12+RRS L型クランプのフルセットを載せます。
ガッチリと固定されます。

カメラを横にして取り付けても問題なし。

星空撮影用のセット。D810+14-24+MB-D12
角度をつけるために、取り付け方法を逆にしていますが、アルカスイスは前後方向がないため、簡単にこの設定が可能です。

プレートとクランプを買うだけでとても簡単にアルカスイス化が完了しました。
日本だとHajnarクランプの入手に少し苦労しそうですので、出向者の方はアメリカにいる間に完成されることをお勧めします。

お読みいただきましたら、下のボタン2つ押しておいてくださいませ。

にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ ←コチラです

 ←コチラもお願いします

Starbucks Mug -You Are Here Collection- 売却

半年以上ぶりの投稿です。
こちらのブログでも紹介してきていましたStarbucksのマグカップシリーズ、YAH(You Are Here)を先日ebayで売却しました。

売却理由は
  • とにかく種類が増えすぎてコンプリートが絶対無理になったこと
と共に、
  • 日本帰国時にこれどうするんだ?
というところでした。

最終的に集めた数は72個。


[USA] total 56
Alabama
Alaska
Arizona
Aspen
Atlanta
Austin
Boston
California
Cambridge
Canada
Charlotte
Chicago
Colorado
Dallas
Denver
Detroit
Florida
Hamptons
Hawaii
Houston
Illinois
Indianapolis
Kansas City
Kentucky
Las Vegas
Los Angels
Memphis
Miami
Michigan
Nashville
New Mexico
New Orleans
New York
North Carolina
Oklahoma
Ohio
Orange County
Orlando
Philadelphia
Pike Place Market
Pittsburg
San Antonio
San Diego
San Francisco
Seattle
St. Louis
Tennessee
Texas
Twin Cities
Utah
Vail
Virginia
Waikiki
Washington
Washington D.C.
Wisconsin
[Canada] total 9
Banff
Calgary
Edmonton
Montreal
Niagara Falls
Quebec
Toronto
Vancouver
Whistler
[Europe] total1 
Amsterdam
[Disney CA] total 2
Disneyland
Disney California Adventure
[Disney FL] total 4
Disney's Animal Kingdom
Disney's Hollywood Studio
Epcot
Magic Kingdom
個別に売却するのは大変なので、一括売却を行いました。
最初は$700+$300(一律送料)の合計$1000でebayに出品したのですが、誰からも入札なく、再出品。
二回目も結局入札がなく、流れました。

すると、カリフォルニアのChildren's Hospitalの関係者という方から「気づいたらオークション終わっていたけど、再出品する気はあるか?」とメッセージが届きました。
「ファンドを募るから、詳しい送料も知りたい」とも言われました。

量が量なこともあり、売却が決まるまで箱詰めもしたくなかったので、送料は一律であることを説明したのですが、わかりやすい方がいいかな、と思い、3度目の出品時は送料無料で$1000でスタートしました。

問い合わせをくれた方ともう一人が競い合ってくれた結果、結果的に$1450(送料込み)でChildren's Hospital関係者に売れました。
Paypalとebayに手数料と場代を払っても、ほぼ投資金額が回収できました。

で、7つの箱に詰めて、会社からUPSで発送。CAまでの長い輸送となったわけですが、そこはアメリカ。。。問題発生。

なんと途中で7個口が 6個と1個 に別れ、6が先に到着。
翌日到着した後口1個のダンボールはボロボロで、中のマグの取っ手部分が2個割れていた、と落札者から連絡がありました。

落札者から届いた写真がこちら。


こんなこともあろうかと少し多めに保険をかけておいたとはいえ、ここからUPSとの交渉が始まりました。
アメリカではこういう場合、送り主がクレームを行うようです。

不幸中の幸いで、割れたマグがそれほど入手の難しいものではなかったので、それぞれの価値を$30として$60を請求、ebayで送料込みで$30くらいになる出品を選んでそれを証拠として提出しました。

そしてUPSから電話がありました。
必死に会話したところ、
  • 価値の裏付けとして出されたebayの送料は保証には入らない
  • ebayに載っている商品金額と壊れたパッケージの輸送費(実費)を返却する
とのことでした。
結果的に$55.59が返金されました。

元々落札者には返金されたらその$60で新しいのを買ってくれるよう依頼していたので、Paypalで$60を送金して長かったプロセスが終わりました。

長い間我が家のベースメントへ繋がる踊り場の壁を占領していたマグがなくなって、スッキリしたやら寂しいやら、です。

お読みいただきましたら、下のボタン2つ押しておいてくださいませ。

にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ ←コチラです

 ←コチラもお願いします

360 Chicago in John Hancock Center - 夜景撮影

Chicagoには二つの有名な展望台があります。
2012年に Willis Tower に上ったことがあったので、昨年9月のシカゴ訪問時に John Hancock Center の94階にある 360 Chicago と呼ばれる展望台に行ってみました。
NIKON D810 - AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED - 24 mm - 13 sec (f/10) - ISO 64 - (0 EV) 

【評価点 5段階評価】  2016/9訪問

  • 写真オススメ度:
  • 写真難易度:★
  • 危険度:
  • 混雑度:
【機材環境】
  • レンズ焦点距離:広角
【コメント】
  • 三脚を持った人が結構来ますので、日没前に行って場所取りが必要です
  • ガラスへの乱反射がとにかく厄介ですので、対策が必要です
  • 基本的に南側しか写真になりそうな景色は見えません
この展望台を選んだ最大の理由は。。。


名前の通りです。なんと月曜日は三脚の持ち込みがOKなのです。
そんな機会にシカゴにいるなら行かねば!ということでの参戦でした。

Willis Towerと違って、セキュリティチェックもそこまで厳しくはなく、入ってすぐにエレベーターに乗って94階までいけました。
展望フロアは眺めのいいところに椅子のようにデッキが設置され、とてもいい雰囲気です。

左手に見えるのがミシガン湖(Lake Michigan)、高いタワーの内、一番右にある黒いビルが Willis Tower です。
NIKON D810 - AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED - 14 mm - 1/6 sec (f/8) - ISO 64 - (0 EV) 
ダウンタウンに夕陽が当たって、とてもきれいです。

そして始まるマジックアワー。
NIKON D810 - AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED - 14 mm - 3 sec (f/8) - ISO 64 - (0 EV) 
一番上の写真と同じイメージで都会的に現像したもの。
NIKON D810 - AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED - 24 mm - 8 sec (f/8) - ISO 64 - (0 EV) 
実際は白熱灯のオレンジ色が穏やかな雰囲気を出しています。
LEDではなく、この暖かなオレンジ色の電球がアメリカの夜景を魅力的にしている理由の一つだと思います。
NIKON D810 - AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED - 24 mm - 13 sec (f/10) - ISO 64 - (0 EV) 
上の写真は、一番上にある写真と同じ写真です。

帰り際に西側の写真も撮ってみました。
こちらは高いビルがなく、のっぺりとした印象の写真になってしまいます。
NIKON D810 - AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED - 16 mm - 13 sec (f/10) - ISO 64 - (0 EV) 

こぼれ話です。
上にも書きましたが、ビルからの夜景撮影で一番困るのがガラスに映る室内の光です。
特に外が暗くなってくると、ガラスに室内の光が反射して、写真に映り込みます。


この乱反射を防ぐのに有名なグッズが忍者レフですが、私の使おうとしていたレンズ(AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED)はレンズの径が大きいため、残念ながら使えなさそうでした。
そこで、今回の撮影に際して、Lensskirtという製品を購入しました。
サイズが二種類ありますが、Just in caseでXLを購入です。

この製品はレンズの周りを覆って、サクションカップでガラスにくっつける形のシンプルな構造で、効果は絶大でした。

シカゴで夜景を撮るなら、三脚持って月曜日に!


お読みいただきましたら、下のボタン2つ押しておいてくださいませ。

にほんブログ村 写真ブログ 海外風景写真へ ←コチラです

 ←コチラもお願いします